Apple Music から iTunesで曲を購入する方法 2019年

サブスクリプションしてまで音楽を聞かない方でも、たまに気に入った曲を見つけたりして、自分の中でヘビーローテションしたい人っていると思うんです。

自分がまさにそうなんですけど、iPhone使っていてもApple Musicの契約していないと音楽が聞けないんです。みんなどうしているんだろう。Youtubeで聞くしかないのかな。

学校帰りにレコードショップ/CDショップによって、新譜を試聴して、月に1枚程度お小遣いから曲を買っていた自分にはつらい世の中です。

ダウンロードの時代になっても、やはり曲を買っていた、iTunesはどこにいったんだろうと思い出し、ネットでいろいろ調べてみると。どうもAppleさんはiTunesで簡単に曲を買えないようにしているではないですか!(実際のところの事情はわかりませんが。)

では本題です。

Apple Music から一発でiTunesに行く方法です。

まず、app store から Shortcuts」というアプリをダウンロードしてください。このアプリは、iPhoneでの操作をアプリに覚えさせておくと、次からはボタン1つで、その操作が完了するというものです。

つまり、「Shortcuts」でApple Musicの曲を選んでURLをコピーして、iTunesを開いて、そのURLを表示させる。という感じのものです。

それで「Shortcuts」には、すでにいろいろなショートカットが準備されているので、今回のApple MusicからiTunesを開くというショートカットも用意されています。(自分でいろいろプログラムする必要がないです)

まずiPhoneで以下のリンクをクリックしてください。

Open in iTunes Store Shortcut

すると、[ショートカットを入手]というボタンがあるので、それをクリック。次に「開く(Open)」をクリックしてOKです。
(このあたり、もしかすると手順の記憶があやふやですが。ナビゲーション通りやれば問題ないです)

これで、「Shortcuts」に「Open in iTunes Store Shortcut」というボタンができているはず。

次に、Apple Musicを開いて、好きな曲を検索します。購入したい曲が見つかったら、曲名を強くタップ(3Dタップとかいうのかな)すると「シェア」リンクが見えると思います。

で、シェアボタンがいろいろ出て、最後に「もっと」リンクがあると思いますので、そちらをタップすると「Shortcuts」のリンクが出るのでそれを選択します。

すると、「Shortcuts」が自動でiTunesを開いて、指定の曲を表示してくれます。

以上で終わりです。

※一度、「シェア」メニューに「Shortcuts」を追加してあると、次からは、「Shortcuts」のボタンがいつも表示されるようです。

これでみなさんもiTunesライフに戻れますよ。あばよ! Apple Music。